なぜドライバーの飛距離が伸びないのか!-ドライバー飛距離アップ

ゴルフ三昧.NET

ドライバーの飛距離を伸ばすには、ただ力任せに振り回してはいけません。

ゴルフ練習場

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ドライバー飛距離アップ

なぜドライバーの飛距離が伸びないのか!

ゴルフ練習場に行くとゴルフを始めたばかりと思われる若い人たちが、力任せにクラブをビュンビュン振り回しているのに、なぜがボールが飛んでいませんね。これはどうしてでしょうね。実は多くの人が右足体重のままで上体の力だけに頼って打っています。これではエネルギーが全くボールに伝わる動きになっていないんです。


いつまで経っても飛距離は伸びません。また、ヘッドスピードさえ速ければボールは遠くに飛ぶと思っている人が多いのです。実は同じヘッドスピードでも加速しながらボールに当るのと減速しながらボールに当るのでは飛距離に大きな差が出ます。飛ばない人のスウィング(減速しながら当るスウィング)とは、アドレスで肩や腕に力が入っているため、テークバックで左足体重、切り返しのダウンスウィングで右足体重という体重移動が全く逆になっているのです。


特にビギナーの多くは、アウトサイドインのスウィング軌道でフェースが開いて入るので、時計回り(右打ちの人の場合)のサイドスピンがかかり、スライスボールになります。加えてダウンブローの傾向が強いため、グラブが上から入るのでエネルギーがバックピンに転換され、ますます吹き上がった力のないボールになってしまいます。


お気に入り登録

ゴルフ用品ランキング

売れ筋書籍

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

大ヒット、内藤雄治の必ず上手くなるレッスンシリーズに、DVD版が初登場。従来の活字と写真に加え、動画によってゴルフスイングの基本の打ち方をわかりやすく解説。なかなか上達しないと悩むゴルファー必読のレッスン書となっている。

Copyright 2009-2013 ゴルフ三昧.NET All Rights Reserved.