ドライバーの飛距離をアップするには-ドライバー飛距離アップ

ゴルフ三昧.NET

ドライバーの飛距離をアップするためのポイント。

ゴルフ練習場

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ドライバー飛距離アップ

ドライバーの飛距離をアップするには

アマチュアは、飛ばそうとしてとにかくダウンスウィングで力が入っています。完全にトップに行く前に腕の力だけで振り下ろそうとしているのです。これではクラブヘッドの持っているエネルギーをボールに伝えることはできません。「小さな力で大きく飛ばす!」ことは、今の最新テクノロジーを備えた高性能ゴルフクラブなら実は、それほど難しくありません。腕や肩に力を入れないでヘッドの重みを感じながクラブがトップまで行ったら、クラブは自然に下りてきます。このとき、ゆっくり上げてゆっくり下ろすことが大切です。


「腕の力を抜いてグリップはソフトに、そしてゆっくり上げてゆっくり下ろす」 これが飛ばしの秘訣です。グリップを強く握ると手だけで打ちにいってしまいます。力を入れるところはおへその下です。そうすることによって自然に下半身が安定し、体の動きを一定のスピード、しかもゆっくりにすると遠心力のついたヘッドは勝手にスピードを上げるてくれるのです。


よく飛ぶ人のスウィング(加速しながら当るスウィング)とは、腕や肩の力が抜けた腕とクラブが一体化したテークバックから始まります。手で上げずに、肩を十分回しています。上体がリラックスしていますので、右足に体重のよく乗れています。


そしてダウンスウィングでまず大きく左足に体重移動しています。この移動するかしないかが飛距離に大きな差ができるのです。「飛ばしたいときほど力まない」ということは、上体がリラックスしているから体重移動がスムースにできるということなのです。慣れるまでに時間はかかりますが、コツをつかんでしまえば飛距離がグーンとアップします。がんばって練習しましょう。


お気に入り登録

ゴルフ用品ランキング

売れ筋書籍

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

大ヒット、内藤雄治の必ず上手くなるレッスンシリーズに、DVD版が初登場。従来の活字と写真に加え、動画によってゴルフスイングの基本の打ち方をわかりやすく解説。なかなか上達しないと悩むゴルファー必読のレッスン書となっている。

Copyright 2009-2013 ゴルフ三昧.NET All Rights Reserved.