ゴルフクラブ・高性能ドライバー-ゴルフクラブ・ドライバー

ゴルフ三昧.NET

初心者におすすめできるゴルフクラブ(高性能ドライバー)について

ゴルフ練習場

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ゴルフクラブ・ドライバー

ゴルフクラブ・高性能ドライバー

初心者にオススメできるのは最新のドライバーで「デカい」「長い」「軽い」タイプのものです。最新のドライバーがとても打ちやすくてよく飛ぶのでオススメです。なぜならヘッドが大きくなったことと、それを振り回せるようにチタン合金などの超うす技術によって軽くなり、シャフトも長くすることができるようになったからです。


デカヘッドはフェードボールでしかも距離も伸びますし、これくらいデカいと初心者でもどこかに当ってくれるという安心感があるからです。デカヘッドから打ち出されるまっすぐな力強い球筋は、初心者でも簡単に出すことができるようになりました。ドライバーの性能は、メーカー各社がしのぎを削っており、殆ど優劣はありませが、選ぶときには実際に試し打ちをさせてもらって、打球の当たったとき感じや振り切り具合などを体感してから納得のうえで購入するようにしましょう。


SLEルール
デカヘッドなどと言ってもどうしてもクラブには、"構えやすさ"と"顔の良さ"があります。人によって好き嫌いはずいぶん違ってきます。スーッと構えやすくて自分が惚れた顔のクラブなら、なんとなくナイスショットのイメージが湧いてきます。不安がなくなるんです。これってとっても大切なんです。ゴルフがメンタルなスポーツといわれるのもここにあります。


触れていなかったシャフトについてですが、の重さが10グラム違っただけでも球筋は明らかに変わってきます。軽すぎればボールはフェースの先端部分で当たり、反対に重過ぎるとフェースの付け根部分で当ることになるのです。別の言い方をすれば、それだけ道具が進化し、精度が高くなっているということです。逆に道具に振り回されないよう、日頃からの練習もしっかりとしていきましょう。


2008年1月1日からゴルフクラブのスプリング効果の性能に関する新しいSLEルールが施行され、競技で高反発ドライバーの使用が禁止になってしまいます。この新規制が発案されたきっかけは、クラブの技術開発によりあまりにもゴルフボールが飛びすぎる為ということから生まれましのですが、ドライバーの平均飛距離は10年間で30ヤードも伸びているそうです。これはドライバーの性能だけではなく、ボールの性能アップによるところもあると思います。


SLEルールに適合しているクラブは、低反発ドライバーとも言われ、ゴルフクラブメーカーもどんどん適合クラブを発表しています。新登場のゴルフクラブのほとんどが適合モデルの低反発ドライバーです。競技などには縁のない一般ゴルファーには、SLEルールに関わりなく高反発ドライバーを使うことに問題はありません。


お気に入り登録

ゴルフ用品ランキング

売れ筋書籍

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

大ヒット、内藤雄治の必ず上手くなるレッスンシリーズに、DVD版が初登場。従来の活字と写真に加え、動画によってゴルフスイングの基本の打ち方をわかりやすく解説。なかなか上達しないと悩むゴルファー必読のレッスン書となっている。

Copyright 2009-2013 ゴルフ三昧.NET All Rights Reserved.