初心者のためのゴルフレッスン-ゴルフレッスン

ゴルフ三昧.NET

初心者のゴルフレッスンついて解説しています。

ゴルフ練習場

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ゴルフレッスン

初心者のためのゴルフレッスン

ゴルフレッスンは、初心者には欠かせませんね。でも、時間とお金がかかりますよね。そこで、ゴルフ上達の最短ルートを見つけることが大事です。効率良く上達するには、やはりティーチングプロに教わるしかない、ゴルフはセンスがないと上手くなれない、体が硬いと飛ばすことは出来ない、若い時から始めないと、なかなか上手くはなれない・・・・・これ、みんなウソです。練習でうまくなれます。


よくゴルフ理論を述べる人がいますが、理論ではゴルフは上達しないのです。理論より実践・練習が大事なのです。理論を勉強する前に、練習をした方が何倍もゴルフが上達するのです。ゴルフ理論は後にして先ず練習をするクセをつけましょう。直したいところを複数回「継続」して意識し、練習しなければゴルフの上達はありえないのです。複数回継続するとは「無意識にできるようになる」までです。大事なのは「無意識」の内に出来ていたということです。


ゴルフレッスンをする場合、1打ごとに一喜一憂していては、ゴルフは上達しません。ミスをしない打ち方なんてありませんし、トッププロだってミスをします。もしミスをしなければ、全てバーディが取れてしまいます。ミスを楽しむのもゴルフの醍醐味なんです。今までやっていない事をやるから、ほぼ100%ミスショットになる、このミスばかりの中で練習をして、ミス100%を80%にして50%にして、20%にしていくのが練習だ、と言うことを覚えることです。


いきなりミス0%なんてありえないですからね。また、ゴルフレッスンではイメージトレーニングも重要になります。「練習場ではコースをイメージ(思い出して)練習する」「コースでは、練習場をイメージしてラウンドする」ただ練習していてはダメです。 あなたのミスの多くは何でしょう?頭が突っ込む、体が突っ込む、ヘッドUPする、左ヒジが抜ける、まだまだ他にもたくさんありますよね。


それらは、前傾姿勢をキープする意識と練習をすることで改善されていくのです。ゴルフレッスンでは、「前傾姿勢をキープしないとミスが多発する!」ですよ。ゴルフレッスン中は「ワキを締める」ことを心がけて下さい。ワキが開いた状態がスイング中にあってはならないのです。あなたも自分のスイング中に「ワキが開いていないか?」を確認してくださいね。


フィニッシュまではワキは空いてはいけません。ゴルフレッスンでは、意識的にワキが締まる状態を作って下さい。また、膝の曲がりも重要なポイントです。膝を伸ばしきったアドレスは、腰を痛める原因になります。膝に余裕をもたせ、膝の動きに合わせて足元の回転および腰の回転を行う。下半身は膝でスイングを覚える以上でスイング起動がやわらかく、スムーズに動くよう練習してください。


お気に入り登録

ゴルフ用品ランキング

売れ筋書籍

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

大ヒット、内藤雄治の必ず上手くなるレッスンシリーズに、DVD版が初登場。従来の活字と写真に加え、動画によってゴルフスイングの基本の打ち方をわかりやすく解説。なかなか上達しないと悩むゴルファー必読のレッスン書となっている。

Copyright 2009-2013 ゴルフ三昧.NET All Rights Reserved.